検索
  • Toshiko Kamada

嘘ついた記憶

誰も知らないし、疑われてもないし、永久に誰も興味もむけない、「あのこと」。


でも、私は知っているし、そのぶんだけ自分のこと信じられず、決して心から離れない、「あのこと」。


その一点が引き起こす山ほどの出来事。その一点からはじまる180度違う展開。



でも、やってしまったこと。


はああ、、



勇気がなかったなあ。



何十年もたっちゃったけど、勇気をかき集めて認めてみようかな。



アバターの個人的誠実さのワークは、私が墓場まで持っていくしかないとあきらめてきたことを、新しい生の息吹と人とつながって生きる喜びへと、幾度となく変容させてくれました。



そして、その度、それほどに、私たちは力のある、限定のない存在なのだと思い出すのです。



1回の閲覧0件のコメント

最新記事

すべて表示