検索
  • Toshiko Kamada

マザーアースデーに思う意識の力の楽しさ




鎮守の森の石段。

氏神さんのこの森を今在らしめてくれている、ここに生きてきた人々の何世代もの思いの重なりを、一段一段数える。

ここを神聖な場にして森を残してくれた思いの数々。

巨木茂る豊かな森。

アースデーだからといって、ここには人影もないが、一本の巨木の皮に手のひらを合わせれば、木から地面を通って地球全体へと意識を広げていける。


母なる地球。

私たちの肉体は、この地球上のものでできている。

母の体からもらったものを元手に、地球を食べながら生きている。

私たちの意識も、この地球全体の意識でできている。

<私>という小さな容れ物に絶えず出たり入ったりしながら。


目に見える母なる地球。

目に見えない母なる地球。


みんなが守りたい母なる地球。

意識を変えるのが大事と言われるけれど、

意識を変えることの必要性は叫ばれても、なかなか変わらない。


でも、

意識がもつ力を感じれたら、意識を変えることは楽しいことになる。

意識のあつかいを知ったら、意識を使うことは楽しいことになる。

意識を変えたら現実が変わる、とわかったら、それは楽しいことになる。

行動や反応や何かがうまくいくかどうかが、

意識を変えると変わるんだとわかったら、

それは楽しいことになる。

意識のつかい方を知ったら、未来を思い描ける力がつく。それは楽しい。


そんなこんなで

目に見えない意識の母なる地球が元気になったら、

目に見える緑の母なる地球も、きっと元気になるはず。

その元気な地球の上で、意識を使って、次は何をしたいだろう?

何か未だかつてないような楽しいことを考えよう。


意識の持つ力を使えるようにする。

誰もがそれを学べたらいい。

読み書きそろばんみたいに学べたらいい。

そんな日が来ると思う。


そんな日が来るまで、意識の力に興味のある人を探している。

一緒に楽しく意識の力をフル活用して、

楽しい現実を、地球を創る仲間を探している。






19回の閲覧0件のコメント

最新記事

すべて表示